PGT-A

PGT-A


着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)について

PGT-A(Preimplantation genetic testing for aneuploidy)とは、体外受精によって得られた受精卵の一部を切り取って染色体の数を調べる検査です。数の異常のない胚(または移植可能)と判断された胚を移植します。胚染色体数を移植する前に評価し、より着床、発育が期待できる胚を移植することで体外受精(ART)の成功率を高め、流産を回避できる可能性があると考えられています。

日本では希望すれば誰でも受けられる検査ではありません。日本産科婦人科学会主導による「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」が行われており、この研究に参加するということで検査を受けることができます。

当院は、日本産科婦人科学会、「着床前胚異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」の参加施設として承認を受けています

PGT-A対象者

研究対象者は、

  1. 反復ART不成功(体外受精・胚移植実施中で直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠が成立していない方)
    *臨床的妊娠とは子宮内に胎嚢(赤ちゃんの入っている袋)が確認できることです。
  2. 反復流産(過去の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている者
    *臨床的流産とは胎嚢確認以降流産となってしまうことをいいます。
  3. 染色体構造異常(ご夫婦のいずれかにリプロダクションに影響する染色体構造異常を有する方)となっておりますが、除外項目に該当する場合は研究にご参加いただけません。詳細は下記の研究案内をご参照ください。

「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究への参加のお願い」

検査(研究参加)の流れ

当院受診歴のない方はまず初診予約をして、診察を受けてください。
通院中の方は以下の流れとなります。

  1. PGT-Aカウンセリングを受けます。
    研究参加をご希望の方はご夫婦でPGT-Aに関するカウンセリングを受けていただくことが必須条件となっております。研究参加の案内をダウンロードしてご熟読した上、PGT-A外来の予約をお取りください。火曜日PM PGT-Aカウンセリング外来を新設しています。お電話で予約をお取りください。原則的にご夫婦の来院をお願いします。電話での説明はできかねますのでご了承ください。
  2. 研究参加の意思確認、夫婦の同意取得、必要な検査を行います。
  3. 採卵、PGT-A検査を行います。
  4. 検査の結果と胚移植に関するカウンセリング

費用(税別)

PGT-A検査 胚盤胞1個当たり70,000円(生検費用込み)

複数の胚盤胞がある場合はその分の個数代金がかかります。

予め検査を行う胚の個数を指定できません。

PGT-Aカウンセリング 初回10,000円、2日目以後5,000円
染色体検査 30,000円  (夫婦で60,000円)
不育症検査 約30,000円

Q&A

希望すれば誰でもPGT-Aを受けられますか?

 

分割期胚は検査できますか?

  • 今回の臨床研究は胚盤胞での検査となりますので分割期胚では検査は行いません。

 

PGT-Aを行った場合、新鮮胚移植はできますか?

  • PGT-A検査を行った場合は、新鮮胚移植はできません。
    一度凍結保存して検査結果を待ちます。検査結果は2~3週間程度かかる可能性があります。検査の結果、移植可能胚が得られたら融解して移植します。

 

すでに凍結保存している胚盤胞は検査できますか?

  • 再凍結と再融解によって胚がダメージを受けるリスクが高くなるため、原則的に新たに採卵を行い、得られた新規胚を検査の対象としています。新規胚が得られる見込みが低い場合、医師とご相談ください。

 

PGT-Aを行えば必ず移植できますか?

  • PGT-A検査結果によっては移植可能胚がなく、移植に至らない場合があります。

 

PGT-Aを行えば元気な赤ちゃんが生まれますか?

  • PGT-Aは胚の染色体異数性を調べる検査なので、染色体以外に起因する流産や赤ちゃんの病気などはわかりません。

 

PGT-Aで赤ちゃんの性別はわかりますか?

  • 今回の臨床研究では学会の規定により、性別はお伝えできません。

診療案内

Menu list